クレジットカードの還元率は比較すべき重要なポイント

お金を持たずにショッピングに行っても、クレジットカードを使えば、欲しいものが買えます。
クレジットカードは、色々なサービスがついていますが、中でもポイントサービスは、色々なメリットが得られるものとなっています。
近年、クレジットカードが利用できる範囲は広がる傾向にあります。日用品やコンビニでの買い物、光熱費などでもカード決済が可能です。
保険料の支払いや、税金の払い込みもクレジットカードが使える地域もありますので、確認してみるといいでしょう。
色々な長所がクレジットカードにはありますが、中でもポイント特典サービスは魅力的です。
クレジットカードのポイントがどのくらいのたまるかはカード会社によりますが、還元率が1%を越えるお得なカードもあります。
クレジットカードのポイント還元率は高いほうがお得のように見えますが、1.5%以上の還元率になると年会費が必要になりがちです。
還元率が高くて、年会費の発生するほうか、還元率が低くても年会費0円のほうにするかは、判断の分かれるところです。
1年間に、30万円以上のクレジットカード決済をしなければ、15,000円の年会費を、1.5%の還元率で取り戻すことはできません。
クレジットカードを使った買い物や、家賃や税金の支払金額をトータルしてみて、いくらになるかを試算する必要があります。
仮に、年間で利用するクレジットカードの決済総額が30万円より多くなる見通しがついているなら、年会費があっても相殺できます。
クレジットカードには利用上限が設定されていますので、その範囲で使った時に還元率分のポイントが幾らになるかを試算しましょう。

ケノンは楽天で買うのが本当にお得か、コチラで確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です